We've updated our Terms of Use. You can review the changes here.

ÉTOILE SAGA

by ÉTOILE SAGA Project

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥800 JPY  or more

     

1.
Prologue 00:27
天使たちの記憶も薄れゆく時代。王、教会、国民が一つの国を作り上げ、生活を営んでいた。 今ここで、一つの時代が終わろうとしている。
2.
鉄の匂い 藁の匂い 濡れた鋼の冷たさ 石の香り 夜の香り 足元に溜まる淀み 高く望む 小さな窓に 映る 黒の空 外を駆ける 宴の声は 僕の 死を願う 淡く輝く 名も知らぬ星 僕に見える唯一の光 生きたいと思う 僕の心に忠実でいる Étoile d'Espoir 最後まで 生きよう 風の匂い 青の匂い 時に埋まった身体 花の香り 永遠の香り 暗闇に思い描く 赤が滲む 足の痛みは 生きている証 誰に何を 言われようとも これが 僕の道 淡く輝く 名も知らぬ星 闇の中の唯一の光 行くべき場所への 潰えることのない道標 Étoile d'Espoir 明日も 生きよう 小さい頃 読んだ本の 挿絵には 天の使い 最期には 空の上 迎え入れられるんだ 熱の篭る 数多の視線 僕を 刺す刃 この思いを 叫び続ける 声よ 鳴り響け 淡く輝く 名も知らぬ星 瞼の奥唯一の光 その瞬間がきても 地の果てまでも光届け Étoile d'Espoir 最後まで 生きよう
3.
Sasetorina Funote Kyasakiku Hachishizenu Senore Rakibyae Sasetorina Rakimi Sachiseru Yarihibeyu Totara Kyachiretsu Wata Pimime Ruja Sosota Satara Namike Esapetoninu Mabe Tonyaki Rega Parito Charebo Komina Myatoikare Tatiya Rakia Masera Rateya Tatiya Rakia Nakira Taseya (Rati masera) Tatiya Rakia Masera Rateya Tatiya Rakia Da Kurameya (訳) 古代より 森の息吹 変わらぬ人の営み 古代より 川のせせらぎ とこしえに続くように 光の下あれば 闇を忘れることなかれ 悲しみが奪う時 天へ昇る歌を捧げよ 一人は自分の為に 一人は家族の為に(愛する人よ) 一人は自分の為に 一人は祖国の為に
4.
広場で立ち尽くす 何処かで鳥が鳴く 落とされる瞬間のお前が 俺をここから離さない いくつもの亡骸を抱いて 誓った言葉は 手にしたはずの勝利を 幻想にする 愛しき者たちの魂で濡れた黒翼 (弔いの鐘が鳴る) 幸福を掴むと信じていた手は汚れて (弔いの鐘が鳴る) ただ空虚の中 彷徨う 雲が影を作り 刃へと突き刺す 正義の元に消えた命が 俺をここから離さない 青空に決起した者ら 交わした拳が 嘘を吐くはずはないと 言い聞かせては 愛しき者たちの魂で濡れた黒翼 (弔いの鐘が鳴る) 昨日まで輝いていた希望の星が見えず (弔いの鐘が鳴る) この染まるだけの ざわめき ――諸君、私は無実のうちに死ぬ。しかし諸君らは私の敵ではない。全ての国民に幸多からんことを望む。―― 断頭台の上から 喧騒にかき消されたはずの声は 聞いてはいけないものだった なぁ そうだろう? 俺は罪を負ってなどいない 愛しき者たちの魂で濡れた黒翼 (弔いの鐘が鳴る) 歩んで来たことがただひとつだけの真実 (弔いの鐘が鳴る) もう進む以外 道はない 愛しき者たちの魂で濡れた黒翼 (弔いの鐘が鳴る) 幸福を掴むと信じていた手は汚れて (弔いの鐘が鳴る) ただ空虚の中 彷徨う
5.
6.
その声につられ見上げた空は 想像以上に青く 青く 長い間思い出せずにいた 自分の笑い声を聞いた そこに お前が居た 革命の声を聞け 王を捕らえたこの手で お前と共に 進もう (俺は何も悪くはない) 絶望という名の揺らぎの中 確かに見た 眩い光 もう一度掴むと確信する あの幸福を あの夢を この手に握るのは Durandal 争いの中で 生まれた闇は 一人の男の運命を 変えた 生まれ落ちた命だけを信じ 真っ直ぐに一人きりで歩いた そこに お前が居た 革命の声を聞け 天に祈ったその手は 遥か未来を 指差す (そしてお前の愛を見た) 絶望という名の孤独の中 道を照らす 唯一の光 もう一度掴むと男は言う あの幸福を あの夢を その手に握るのは Durandal 剣の誓いを果たすため お前の元へと走る 天の光が映し出す 男を包む白き服 縫い込められた 王家の紋章 それは まさに 白き翼 父から受け継いだ剣構えて (受ける剣が 空を切り刻む)   駆ける脚が震えようともこれが (夢であってくれと望み) 王としての責務と信じ ただ一人認めた男に刃を向ける そして 白は赤く染まっていく…… 絶望という名の淀みの中 確かにあった 眩い光 亡骸に変わった男を前に 悲しみに命委ねよう この手に握るのは Durandal
7.
8.
Epilogue 00:27

credits

released August 12, 2019

license

all rights reserved

tags

about

fumito_fumizuki Japan

I'm fumito_fumizuki, a VOCALOID Producer.

contact / help

Contact fumito_fumizuki

Streaming and
Download help

Redeem code

Report this album or account

If you like ÉTOILE SAGA, you may also like: