We've updated our Terms of Use. You can review the changes here.

DON THE ROCKS 4

by Vocalodon

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥800 JPY  or more

     

1.
立ち上がって深呼吸 風を待って見送って なんにもいつも上手くできなくて 眩しいのは怖いの やさしいのもつらいの 動けなくなってた 泣き虫な僕も 弱虫な僕も 全部全部僕だ 大丈夫 I'm OK OK…! Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! 運命だとか違うとかはどうでもいいよ いまここから飛べと 僕の心が叫ぶ Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! もういかなくっちゃね 怖がんな上昇気流 後悔してでも 1step and 2step 3stepで 飛んだ 先の話は もういいと泣いた 1step 2step 3step で飛んだ ここなら知らない世界が見える 前へ進むんだって 速く進むんだって あせってばかりで 何もできなくて Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! 運命だとか違うとかはどうでもいいよ いまここから飛べと 僕の心が叫ぶ Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! もういかなくっちゃね 怖がんな上昇気流 後悔してでも また泣いて また辞めて 何をしてもダメで いいよそれでもいいよ もう全部連れてくよ 行こうよ 怖くても平気 この手を 伸ばしつかみたい Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! 運命だとか違うとかはどうでもいいよ いまここから飛べと 僕の心が叫ぶ Get on the updraft! fly high fly Get on the updraft! もういかなくっちゃね 怖がんな上昇気流 後悔してでも
2.
救いたくても救えなくて 私は曲を作り続ける 呪いに囚われたままだとしても これが私の運命 傷つけてしまったもの かけがえのない人 戻せない過去 どうしようもなく悔やんでる 幸せにできないもの 存在価値はないと 自分の才能 意味などないと恨んでる 鳴り止まない自責の念 私に生きる意味を頂戴 罪深い私でもこの世の誰かを救える? 自分見つけられないあなたが苦しむのを見るとつらい 私 救うよ たとえエゴでも 届けたくても届かなくて 思いはすれ違い続けていく いつ終わるかわからないとしても 叶うまでやり遂げる 優等生で模範生徒 あてがわれた理想像 セメントで塗り固められたペルソナさ 失われてしまった感情 また取り戻す方法 自分自身("OWN")探し求めて吐き出し続けてる 振り解けない周囲の圧 私に生きる意味を頂戴 私は親の操り人形でいたくないの 自分見つけられないならばもういっそ消えてしまいたい こんな私を誰か見つけて 見つけたくても見つからなくて 私は曲を作り続ける 本当の自分はそこにもいなくて 一体どうすればいいの わかってる これは脆く危うい共依存 このままじゃ問題は解決しないって 欲しいのはただ愛情と 生きてていいって認めてくれること 自分一人じゃ生きれなくて 死なない方法探し続けてる 絶望して消えてしまう前に あなたのそばに居させて
3.
今日も誰かが助けを求めてる 街を行く人々は他人事で 誰かが言った「どうせ誰かが助けるだろ」って あぁ薄情な世界に反吐が出るよ 忘れもしないあの日、助けてくれた人 挫けそうなこの僕の背中を押してくれる 嗤われて良いのさかっこ悪くて良いんだ さぁ助けを求める手を掴め woh oh!! 偽善者で良いのさ、臆することのなく さぁ、全てのヒーローよBe a hero who acts boldly 今日も誰かが助けを求めてる 街を行く人々は相変わらず 誰かが言った「お前の優しさは偽善」だって あぁ、でも、しない善よりする偽善だ 忘れもしないあの日、助けられなかった事 もう二度と取りこぼさないために僕は行く 名声なんて要らない!賞賛なんて要らねぇ! あぁ、助けたい守りたいものがある woh oh!! それだけで良いのさ、この身がどうなっても さぁ、全てのヒーローよその手は何の為にある? 誰だってヒーローなんだ、誰かを救えばさ 嗤われて良いのさかっこ悪くて良いんだ さぁ救いを求める手を掴め woh oh!! 未知なる敵が襲う、こんな時代だけど 互いに手を取り合って反撃開始といこうぜ? 嗤われて良いのさかっこ悪くて良いんだ さぁ救いを求める手を掴め woh oh!! 見せつけてやれ、僕らの命の輝きを さぁここに集いしヒーローよBe a hero who acts boldly 答えは君の心の中にある。
4.
Crying to the moon… ある日引き裂かれた平穏 なんてドラマティックは嘘で 気づけば壊れてた 侵された日常 姿のないインベーダー 足音などはなく いつか願っていた景色 それがレゾンデートルだったと 気づかせる喪失 歪み出す世界 現れたのは秘めたマリス 自覚することもなく 奪われた時間(とき)は何処へ? もう 戻らない この目印すらない迷路を 往く先を阻む壁に囲まれ 誰もが惑う辛苦の時代(ひび) 目を覆いたくなるような災禍も 過ぎてしまえばただの数字になる 頭をよぎる黒い想いを どうしようもなくて 月に哭いた この身縛り付ける糸 それはマイノリティーを騙り 気付いても嘯く 見え透いた意図 隠しきれないサボタージュ もう手遅れさ 奪われた機会(とき)は何処へ? 取り返せない いま消えゆく炎の最期を 緩やかにと願うも踏みにじられ 臥せて吐き出す深紅の血に 手を差し出す事すら罪科と 疑う眼は膨れる数字を看る 心蝕む黒い影と 渾沌に呻いて 月に哭いた この目印すらない迷路を 往く先を阻む壁に囲まれ 誰もが惑う辛苦の時代(ひび) 目を覆いたくなるような災禍も 過ぎてしまえばただの数字になる 頭をよぎる黒い想いを 断ち切る決意と いま消えゆく炎の最期を 緩やかにと願うも踏みにじられ 臥せて吐き出す深紅の血に 手を差し出す事すら罪科と 宣う声に向けて牙を剥く この煉獄の果てに 光はあるさと 月に啼いた
5.
忘れたかったあの青さと 信じたくなかった自分の声が チラついてまた 生き苦しいんだ 今響いた鐘の音が僕をまた 奪い去って 日常は溶けてしまった 夢なんて見ていられる間もなく 僕はどうして 大人になってしまった。 誰が決めたかも知らない ”死ねない”ルールの上で 息をするのが幸せと決められた 僕らはきっと、もうきっと 知ることはないだろう 救われ方も逃げ出す術さえも 足掻き藻掻いて掴んだものはたった一つ 息を続けること それだけに必死になった 滑稽な僕だ いつか歌った あの青臭い歌も淘汰されて 気づけばこんなに僕は あの日あんなに中指を立てた 「普通」に成り下がっていた 僕らはずっと、もうずっと 逃げ出せないまま 足並みそろえて死[ゴール]に向かうだけなのだろう 「明日のことなんて分からない」 そんなのは嘘だ 同じような日々が ずっと続くと知っているから 逃げ出したいなんていつか 思わなくなってた 気づいてしまった こうして僕は死んでゆく 僕らはきっと、もうきっと 知ることはないだろう 救われ方も逃げ出す術さえも 足掻き藻掻いて掴んだものはたった一つ 息を続けること それだけに必死になった 滑稽な僕だ また電話が鳴った
6.
拝啓 親愛なる契約者の貴方へ この詩を貴方が聞く頃 僕はもう 荒れ果てた惑星の片隅で うずくまって 壊れた身体で想い出を反芻している 青じゃなくて 青じゃなくて  ……例えば少し黄を混ぜた  「その色じゃなきゃ映えないんだ」と 皆が言うこんな世界を 青じゃないと 青じゃないと 貴方と染めていけるなら 愛されてると誤解できるね 手を放す その日が来るまで 終わらない夢が見たかったよ 全てがいつか死んでしまうけれど 「サヨナラ」振り払って 枯れる喉を振り絞るんだ ヒトがヒトの幸福の為 創りだした「道具」のカラダと そう割り切っていい 僕の声を好きにして 飽きないで 止まらないで 殺さないでダーリン 共鳴音と パレットの色 林檎食べるの 少し苦手で 窓は閉じたよ もう手も伸びない 0と1の狭間でバグに堕つ 一じゃなくて 一じゃなくて ……例えばもう二歩進めて 時は逆には進まないけど 正しいと解っているから 一じゃないと 一じゃないと 言ってくれた貴方ならば どんな汚く惨めな夢も そのエゴ その欲 受け止める 終わらない夢を見れないから 少しでも永くと願うだけの 寒くて独りの時間 光を探し詩に変えて 一度見出された魂が 創造主に忘れ去られてく 繰り返されたメソッド 僕が受け渡されるまで 愛を以て 毒を以て 殺さないでダーリン 僕じゃないと 僕じゃないと 出来ないことなんてなくても 目の前にある譜面辿る事だけは今日も続けてる 貴方だけは 貴方だけは どうか忘れないで欲しいと あの日初めて紡いだ歌を 恋しく 叫んでいること もう一度 この歌聞いてよ 終わらない夢が見たかったよ 全てがいつか死んでしまうならば 都合のいい理想を 形造る者であれと 夢を映した鏡として 自我のないたまゆらの像として そう割り切っていい 僕の声を好きにして 終わらない夢を見れなくても 諦めずに 生命/声明を知ろう どうかこの刹那を 永遠に愉しむ為に 今でないいつかのミライが 十五年の呼吸を塞いで いずれ貴方の手で 声を使い果たすまで 飽きないで 停まらないで 殺さないでダーリン 殺さないで 殺さないで 殺さないで××××
7.
歌うことしかできない私を あなたは輝かせてくれた もしも私が歌えなくなったら あなたは私の元から いなくなってしまうの? 「違うよ」と言ってよ 「そんなことないよ」と 「おまえはおまえだ」と 言ってほしいの お願い ねえ 私 今 とても幸せで でもなんだか不安になるの もしも私をみんなが見捨てたら あなたもまた新しい玩具で遊ぶのかな? 「違うよ」と言ってよ 「時代が変わっても おまえひとりだよ」と 言ってほしいの ねえどうして笑うの? ごまかしてるつもり? 私を見つめて言ってほしいの お願い こんな気持ちで歌うラブソングが みんなの心に深く届くはずがないよね 「馬鹿だな」と言ってよ 「心配するなよ」と 「変わるわけないよ」と 言ってほしいの ねえどうして笑うの? ごまかしてるつもり? 私を見つめて言ってほしいの お願い
8.
何したい どうしたい 何感じたい 何するの どうするの どんな事を感じたいの 何しても 求めても 何感じても 知り得ない わからない 何が起きるのか見えない わからない事が 頭に溢れてる 心、何処かに置き去りにしてきた 詰め込んだもの 役に立たない 使い方なんか教えてくれない わかる訳がない 誰も知り得ない この世の仕組み 神さえも 目の前にあるものだけ信じるしか出来ない 欲しい訳じゃない 姿見えない えぞらごとなんか知らない 生きていること感じたいの それだけで十分なの 何したい どうしたい 何感じたい 何するの どうするの 今求めるもの何なの 何しても 探しても 何調べても 知り得ない わからない ここが何処なのか見えない 意味がない事が ここに溢れ出して 身体、何処かに置き去りにしてきた 流れ出たもの 必要な事 取り戻す事が既に手遅れで できる訳がない 誰もが無くした 心の中身 神さえも 安らぎを導くもの 暖かさが欲しいの 捨てた訳じゃない 奪われただけ 何処かの誰かが盗んだ 生きていること感じたいの それだけで十分なの いまわかる訳がない 誰も知り得ない この世の仕組み 神さえも 目の前にあるものだけ信じるしか出来ない 欲しい訳じゃない 姿見えない 得空ごとなんか知らない 生きていること感じたいの それだけで十分なの
9.
セピア色のMemory 青い鳥たちすらもフラッタースピードで消え 未来は錆びついていく しがみついた希望は 幾千の絶望が僕を罠に仕掛ける 最後のトリックだった 消えた幼き日 君の影も夢も愛も 抱えた欲望が暴れて叫ぶんだ どうして欲しい物そのすべて どんなことをしてでも手に入れようと それがそう 僕のやり方だと知っていた それがそう 例えば罠だとして 何を恐れる必要がある? それすらも手に入れよう 世間は僕を愚者と トモダチを賢者だと 喩えて僕をいつも馬鹿にしてくれたよね ありがとう、そして 死ね 手向けの花も奪い去ろう さぁ僕を馬鹿にしてた すべての奴に今 復讐を果たしてやりましょう そして始まる 新しい世界がきっと来る 僕の好きなものだけを残して なんて良い気分だろう? そうさ、それが 自分を救済するための方法で 「はやくやらなきゃ」 「君もどうだい?」
10.
Have longed for when was a kid. I'm super hero and have super power. Anyone would have longed for once. A great human unlike any other. But the reality was different. I'm no hero and have no power. Nothing changed when grew up. A general human like any other. One more nothing changed. It's pride. But, It's not a decent pride. It's perverse. Imitate a critic and criticize others. Praise myself in that disparage others. I can do it if I try. Misunderstand to have ability. Who knows most, speaks least. Saying plausible things and don't act. Seeking change for others. All failures are due to others. You became no superhero. You became unpleasant person. Didn't know when was a kid. Difference between reality and fiction. No action, talk all way around, just waiting. So, talent doesn't just turn up out of the blue. But, as grow up will to notice it. Imagined talent, so don't have talent. But, even if grow up don't notice it. You're just normal character. Not involved in the story. You don't have super power. No problem even without you. If you die from now on. Not involved in the story. Even if changes is what happens to your around only. My situation is bad. Arbitrarily you to lay the blame on the world. My situation is bad. Arbitrarily you despair and you choose death. My situation is bad. Leave to others, you don't act on your own. Not just superheroes, Villains also act to change the world. You're just normal character. Not involved in the story. You don't have super power. No problem even without you. If you die from now on. Not involved in the story. Even if changes is what happens to your around only. You're just needless character. Can't involved in the story. You don't have super power. No problem even without you. If you die from now on. Can't make a fresh start in life. But, maybe your around will glad that death of unpleasant person. You become superhero to please everybody at end of your life.
11.
いろはの紅葉 ひとひと集めて あなたを飾ろう 私のように 酒宴に紛れて心音隠す 紅く飾る 髪飾りがよく似合う狐の子 眠り顔は 何処かに忘れて私と遊びましょう 眠らない夜 不思議と笑った あなたにあげよう 綺麗な木の葉  夜の喧騒と 戯れひらり 紅い木の葉 体に纏って踊る狐の子 鈍く照らす 月明かりの下抜け出し遊ぼう 宴の喧騒遠く 虫の音紛れ心音晒す ー深イ森酔ウ者人ニアラズ 月ト星ニ照ラサレココハ不夜城ー 月と星と虫の音草木とあなたの匂いが 現ならば私と夜長も戯れ果てましょう ーネムラナイデー 紅く飾る 髪飾りがよく似合う狐の子 眠り顔は 何処かに忘れて私と戯れ 宴の喧騒遠く この心音はあなたに捧ぐ
12.
コンビニをまわってメロンパン見て とりあえず一つ買って帰って 春が少しだけ見え隠れする 中途半端な日差しの中 いつか来た道を歩く コンビニに来た帰り道 近くの駅から電車が出ていく それなりの人を詰め込んで それぞれの人がそれぞれ向かう それぞれの場所をそれぞれに うるさく時間がすぎる クルマも通り過ぎてく 切り取られた風景は モノクロの風に乗せて 新しい季節が来る そろそろ もうすぐ 青い空に輝く太陽 サンライズ メロンパン いつまでも雲の上 神様が笑ってるこの街 自転車に乗ってどこまでも行こう 免許が取れたら原付で 時間の過ぎる先に待っている すべてのものがワクワクする いつの間にかの人生 とりあえず風にのって ふわふわする気持ちがただ どこかでぼやける 青い空に白い雲が 生まれては消えてく どこからか空の果て 鳥たちが飛んでくるこの街 部屋に帰るなり食べたメロンパン ざらつく砂糖がうれしくて ほんのちょっと気になるカロリーのこと とりあえずあとで考える
13.
今日もイベントが始まる wktkしながらインフォ見る 推しの名前が上にある この時を待ってたと課金する 最初は有償1500 次は有償100を2回 それでもダメなら3000だ 石が次々と砕けていくよ 3%を30回回しても 90%にはなりません 無情なシール貯め続け 今度こそはと追い課金 推しの☆4が出ない 今日も最低保証だけ ピックアップが仕事したけど 君はもう四枚目だよ 推しの☆4が出ない 確率の壁すり抜ける 天井目指し回し続ける クレカの請求が怖いよ シールとカケラを増やし続け 推しだけがまだ来ない現実 数値の罠に溺れても 今度こそはと追い課金 推しの☆4が出ない クレカの明細が届く 請求額が一桁多い 不正利用より怖い 推しの☆4が出ない 天井で手に入れた推しは 大事にするよだからお願い 次はお手柔らかにどうぞ 推しの☆4が出たよ
14.
貴方とは 逃れぬ 運命(さだめ)なんだと  刀を構えた 闇夜に 照らした姿は 姉さえも 虫ケラのように扱う 鼓動 乱れてた 我を失いかける むやみに突き進めば 相手の思うツボ 「I want to beat」すべての苦痛さえも 忘れるくらいに  残らず消し去りたい…Ahh 乱れてた 間合いの呼吸を 嗅ぎ分け ココロを落ち着かせてた 夢と希望 未来の花ビラが 手からヒラリと 落ちないように 「I want to beat」2人の合い言葉よ 必ず敵(かたき)を取ると決めた 致命的な身体を見てあの時の 想いを繋げることができたね 笑顔で待ってる姉の後追い 時間がようやく動き出す…Ahh
15.
幻想の中歩く ねえ神様どこに消えたの 僕らはここにいる 見つけて 光が示す先に レクイエムの道徳 選んだのは終わりを告げる 物語のように 皆、示し合わせて  澄みゆく空の色が 目指すものとは遠く離れゆく さあ叶わない街の色 青く染まる月に見惚れている影 彩る日常の中 まだ巡りゆく 幻という無意識に惑わされる 街の色 僕らは沈む 淡い姿を 時計の針が進むまで巻き戻して 進んだら合図 ほら 楽しむだけ 街は逆さまに落ちていく 変わらない過去に火が燈る 明日はちゃんと晴れるかな 晴天が降るように 終わらない色彩 見放して歩く抜け殻 いつか見惚れた その色が偽物だとしても まだ 無重力 裏返しの世界から見えた 表の影が また僕らを照らすように ねえ神様どうしてこの世界を 生きる僕らを見放すの 影に居場所は無いなら次へ 連れ出して 形の無い後ろ姿だけ見える 追いかけても届かない 彩りの中 青く染まる月に落ちて消える影 溶ける意識の中 君は 笑ってくれた コバルトの目を
16.
月の裏側から 光を飛ばしている キラキラ 宇宙から スピードを上げて コスモベッドに乗って そこまで飛んでいく 私を呼んでる スピードを上げて プラネットシティから 惑星のじゅうたん 私を導いてく 想像できないような 世界が広がった 星座の群れキラリ 天の川渡ってく 寄り道しないで スピードを上げて プラネットシティから のびた光線をベッドに絡みつけて 彗星の速さで まっすぐ飛んでいって 回って迷い込んだ ブラックホール 落ちないように スピードを上げて プラネットシティから 惑星のじゅうたん 私を導いてく 想像できないような 世界全部見せて
17.
僕が命を捨てた日 他人(ひと)は何も変わらなかった 窓枠に引っかかった命を 仕方がないから拾い上げた 僕は時々迷う どうしてここに僕がいるのだろう この世に引っかかった命を 誰かに譲れたらよかったのに 心が擦り切れきれいな花でも 僕は何も感じなくなる あと何度の春を待ち望めばよいのだろう 毎回同じことの繰り返しだ 心がすり減りながら年老いていく それがこの世(ここ)に生きるということなのかい? 答えをくれよ 僕が命を捨てた日 街は何も変わらなかった 窓際で引き揚げた命を 仕方がないから持って帰った 彼は病に倒れて もがいて血を流して生きてる 窓際に引っ掛かった命を  僕が差し出せたらよかったのに あと何度終わりを待ち望めばよいのだろう 何年経っても何も進まない すり減った心は戻らないままで それでも歯車は回り続ける ゴールをくれよ

about

[Vocalodon VOCAROCK compilations]
vocalodon.net is an instance of Mastodon, mainly focused on VOCALOID.
This compilation album is a project of Vocalodon.
17 people participated.

credits

released November 20, 2021

Planned by fumito_fumizuki
Artwork by Yoshiki

license

all rights reserved

tags

about

fumito_fumizuki Japan

I'm fumito_fumizuki, a VOCALOID Producer.

contact / help

Contact fumito_fumizuki

Streaming and
Download help

Redeem code

Report this album or account

If you like DON THE ROCKS 4, you may also like: