DON THE ROCKS 3

by Vocalodon

/
  • Streaming + Download

    Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.
    Purchasable with gift card

      ¥800 JPY  or more

     

1.
見知らぬ世界の惑星のsand and storm クリエイターたちの活動do you understand? 対岸で騒ぎ出す案山子らが こちら側指差して高みの見物決め込む 鳴らせLet's dance 令和のディストーション やめてよ不毛なdis争論 さらばGood bye 衰退印象論 語っているのは君だけだ 何と言おうと私は私だ ミリオン世界の鳥たちのsing a song 実力主義の畑までsee you stars 住処から巣立ち出す鳥たちが 後ろ側振り向かず進むよ戻っては来ない 鳴らせLet's dance 令和のディストーション やめてよ不毛なdis争論 さらばGood bye ボカロは踏み台論 私は売名ツールじゃない 何と言おうと私は私だ 《君に僕なんか必要ない》 《僕に君も必要ない》 彼は歌姫(ディーヴァ)にそう言った けれど私は違う きっとお互い必要だよ 共に歌おう 令和の未来へと 鳴らせLet's dance 令和のディストーション やめてよ不毛なdis争論 さらば私にキャラクター不要論 声とイメージは不可分だ 「v flowerです。」 何と言おうと私は私だ
2.
がんじがらめの社会からの脱出ゲート 眺めているだけじゃ変わりはしない 長い夜に耐えきれなくなって レスポール フルテンにしてかき鳴らした 歌い疲れて見上げた夜空は 心ない作られた世界ではなかったんだ そうヒトはひとりきりじゃ生きていけないこと いまは認めることはできなかった 傷だらけの姿でもカッコ悪くなんかない 僕は僕らしくただ歩いていくだけさ ねぇ誰もがきっと自分の歌 持っているはずなのに声にできない  ギターを鳴らせ 鳴らせ 鳴らせ 鳴らせ! 明かり 灯せ 灯せ 都市を起こせ! 夜が明けて見上げた朝日は 昨日とは違うリアルな世界映しだした そうまるで何事もなかったかのように キモチを隠してまでも生きていたくない 残された傷跡は消せやしないけど 僕は僕らしくただ歩いていくだけさ   この手でも強くなれる そうヒトはひとりきりじゃ生きていけないこと いまは認めることはできなかった 傷だらけの姿でもカッコ悪くなんかない 僕は僕らしくただ歩いていくだけさ この胸の痛み受け止めたのなら 僕は僕らしくなれる
3.
Now, a signal to start the game sounds Once you step on, you can never go back I don't know what will happen in Life Are you ready for your heart? 何度も挑んで負ける ひ力な自分にもお飽き飽きしてんだろ 本当の君はそんな筈じゃ無いだろ? The game is not yet known until the end! おもいっきり踏み出せ前に Who Oh!! 振り向く暇なんてない Who oh oh!! Don't hesitate!! Don't hesitate!! Let's go the way we believed!! さあ駆け抜けようぜ共にあの栄光まで おもいっきり踏み出せ前に Who Oh!! 振り向く暇なんてない Who oh oh!! Don't hesitate!! Don't hesitate!! Let's go the way we believed!! さあ駆け抜けようぜ共に掴み取りにいこ
4.
戸惑いながら動けないままで モノクロ染まる世界 ただ一人佇む Despair and Pain 僕らはそう Killing me 死んだようにただ生きてる 生きているだけのリビングデッド 手を伸ばせ 手を伸ばせ 見たことも無い先へ ねえ誰か 誰かこの手を 引き連れてくれよ 未来まで ここでは時が動かないままで 鉛のような心 身体 沈んでゆく Despair and Pain 僕らはそう Killing me 死んだようにただ生きてる 死んでいるようなリビングデッド 打ち砕け 打ち砕け 変わらないこの日々を もう少し もう少しだけ 力が欲しいと 願ったよ 青色吐息に染まる胸の想いは 酔生夢死に混ざり溶ける 止まらない 止まらない 感情に飲み込まれ 死んだままただ生きている 僕らはリビングデッド 手を伸ばせ 手を伸ばせ 見たことも無い先へ ねえ誰か 誰かこの手を 引き連れてくれよ 未来まで
5.
虚ろ虚ろしていれば太陽は眩しくて からっぽの瞳に何を注ごうか とくとく満たせば瞳は色覚える 満たしても私はあなたを知らないんだ 色づいても 空の青さに  モノクロの あなた、あなた 色彩の瞳を 見たいよ  閉じた瞼 開く 開く  その瞬間に目の前に居たいんだ モノグラムに世界はバグって 見えるはずの無い理想を映すよ 物静かな人形見つめて 私は愛を歌える? 映そう映そうとする度にあなたが眩しくて 近づけない顔を見れない色が分からない くらくらしてきてさ飛び出す臆病な鳥だ あなたの幸せを邪魔したくは無いんだ 閉め切っても 光透くカーテン モノローグは 一人の部屋で 伝えたい想いを 仕舞って きっと 壊れてしまうから ただキャンバスに君のこと描くんだ モノクロのあなたが笑って 遠く私じゃない誰かと歩くの 物静かな私はそれでも 一人愛を歌える? 世界の色が瞳から零れていく I see your light from the shadows. モノグラムに世界はバグって 見えるはずの無い理想を映すよ ニセモノの微笑み見つめても 私じゃ愛を歌えない モノクロのあなたが笑って 遠く私じゃない誰かと歩くの 物静かな私はそれでも あなたの幸せを願うの 世界の色が瞳から零れていく さよなら、モノクロの恋
6.
無限に叩き合う世間と オンライン派閥の囀り合い ゼロサムゲームの渦に乗り 数字追い求めていく 解り易い指標求めを 軽蔑と共に 吐露し 暴露 「青少年への影響憂慮」 誰に阿っている? R-18に該当する歌詞は メンタルに悪影響があります なぜ悪いかはあなたがちゃんと 考えればわかることでしょう 俗悪なうたを市場主義の 波に乗って公開しては コンテンツを変容させてきました 低音削れば派手に聞こえます 文字でもR-18指定されてそうなのが まかり通っております 他媒体でも制限をして 未熟な若者に触れないように しているのだから 歌詞にも 当然のこと 盛り込まないほうが よろしゅうございます 綺麗で優しく純潔な文字が 人類進化を促すのならば アルチュールランボオは不要です 「普通に考えたらたどり着く」はずの お普遍な歌詞で弾かれるのは 「普通」にジャッジされて弾かれた私の方 その時その場で変わってうそぶく 道徳価値観 翻弄されたくないから迎合 思考停止は楽で 親世代に受けがいいから迎合 「判断力が未熟な聖少年 思想汚してはいけませんよ」 上メセの優しい家父長主義(paternalism) 啓発 諭し 思考止めにくる 「普通」のハードル上昇させて ゴールポストを 永遠に遠ざける 若者のニーズは自分たちが 正しく把握しているらしい エロで下品で醜く異質で臭いものに 猥雑な世界はこんなにも溢れかえっているのに 憂き世の映し絵や戯れ歌独唱だけは 「正しく異性を愛しましょう」 どぎつくて下世話でラウドなエンタメを 求めリンクをたどり着きました 場所は アングラ風味の公開場 表示場所のルール変更してもユーザーが求めるものは 代わりないし いつの時代も叩かれる 身近な大人の言動よりも 流行り歌の歌詞は影響大とか 「性的感情を刺激された」と 容疑者の言うことは真実らしい 「残虐性を助長された」と 容疑者の主張は真実らしい 「悪書追放」「TL追放」「子どもを守りましょう」? 綺麗で優しく純潔な文字が 人類進化を促すのならば アルチュールランボオは不要です 「普通に考えたらたどり着く」はずの お普遍な歌詞で弾かれるのは 「普通」にジャッジされて 居場所うばわれた私の方 「あなたの規範はあなたが実現してください、同調圧力は不要です」
7.
私の独りよがりね ごめんね でもまだ信じてるの 突然別れ告げられても 何も言えず震えていたわ そんなあなたに騙されていたけど いつか忘れることはできるの? 行かないで あなたのことまだ半分も知らないのに… 今更消せないよ あなたと過ごした記憶があまりに多すぎて 一途に生きる 今日の私さえ越えて モニターを覗く癖が治らない 不意に面影探しているの 「ずっと一緒だ」 なんて今思えば 誰だって分かる 安い嘘でしょ 逃げないで 与えてばかりじゃ損をする知っていたのに… 甘いダンスのような思いでも少しずつ消えてしまう 儚い日々だった 明日を生きる 今日で別れにサヨナラ 行かないで 行かないで 想わないよ 新しい人を見つけなくちゃ後戻りできない クヨクヨしていても音楽は聞こえてこないから 素直に進まなきゃ 一途に生きる 今日の私さえ越えて
8.
いつの間にかふたりとも 深い底までダイブ 吐息だけで崩れそうな あやういバランスのジェンガ You can do what you want to do 逃げたいならご自由に 止めるつもりはないわ でも忘れられるかしら? 甘い甘い毒苺 幸せなんでしょ? でも退屈なんでしょ? ねえ どっちを選んでも 満足なんてできないんでしょ? You can go where you want to go 行くか戻るか決めてよ早く 貴方が自分で まだ迷っているのなら 食べてみればいいわ 衝動に身をゆだねて 味わいましょ 毒苺 理性と快楽 もう崩れたバランス ねえ 認めたくないんでしょ? 本当は弱い自分の姿 You can do what you want to do You can be how you want to be 夢のような地獄のきらめきが貴方を待ってる You can do what you want to do You can be how you want to be 甘く香る罪という果実に酔いしれましょう さあ 甘い毒苺 甘い毒苺 さあ 甘い毒苺 甘い毒苺を召し上がれ
9.
乙女たちのバトルが 間もなく開始されるわ 甘い甘い恋のプレゼント 必ず本命(あなたに)届けるから ほかの女(こ)達から もらわないで! だけど上手く作れないの だから「ママ」も手伝って モタモタしてるとライバルたちが どんな手を使って来るのか?心配だわ 広がる被害妄想 襲いかかる時間(とき)の流れに ココロが縛られ 大きく息を吸って 落ち着かせよう まずは型どり 流し込んでく 冷やして固めたら リズムに合わせて 取り出し デコメするの・・ 決戦の日が幕を開ける 先制攻撃を目指すか? 歴戦の乙女たちに 遅れを取るわけにはいかないから あなためがけ走るの 「チョコを受け取ってくれますか?」 頭を下げて頬が紅く染まる 鼓動がドキドキ 早く言ってくれないのかな? 駄目だったら立ち直れないよ!ahh~時間が 止まり掛けた その時に 握られ 「ありがとう」 顔を上げた 私を見て 熱く包んでくれた 大きく息を吸って あなたの右手を 優しく握り 一緒に歩むね・・
10.
怯える不安定な夜に 見えない鼓動の陰りを 紛らわすほどのAlcohol 引きつった表情のIce Ball 雨打つ窓辺に澱む 絶えない歪んだ流れが 生み出す悲しいSociety You look on the dark side. Rip not up old sores. You look on the dark side. 打ち崩せ So that, We don't stop all. Raise your top sadness and indignation. (憤りまた元通り) (糧にして輪廻断ち切って) Don't forget behind. (終わらない Who's gonna die?) We cannot stop 'cause we live in now! (I cannot kick the living creatures now!) 重なる怒りに任せ 消えない痛みを頼り 疑似的な集団をset up 無意味な感情のice pick 飛び散った氷片に混じる 割れたglassの欠片が 濁流に流れ落ちて 誰かの喉をかき切る You look on the dark side. Rip not up old sores. You look on the dark side. 打ち崩せ So that, We don't stop all. Raise your top sadness and indignation. (憤りまた元通り) (糧にして輪廻断ち切って) Don't forget behind. (終わらない Who's gonna die?) Must not get stuck in the past Raise your top sadness and indignation. (憤りまた元通り) (糧にして輪廻断ち切って) No one tell yourself. (知りもしないやつに媚びない) We cannot stop 'cause we live in now! (I cannot kick the living creatures now!)
11.
その者は滅びが来るとか細い声で民に伝えて 救われるための祈りを我々に教えた 今の苦しみも悲しみも飲み込むような 災厄が襲い我々は滅びゆく運命と 逃れられない未来ならば、そう 魂だけでも救われたいと願った人らは自ら これまでの罪を償おうとした その様子を見た支配者 怒りのあまり民衆を皆 捕らえては殺しはじめた その中に彼も…… 彼に問い詰めた 虚言を振りまく理由を 彼の者は知っていた それはかつて自らがした事 支配者は彼を磔にした 見せしめと、かつての彼の事を 自らの手で葬り去る 過去の恐ろしい業を、その手で 死にゆく人々の群れは磔られた彼の事を それでも崇め祀った 新しい神として 「今こそ我々を救う神が降りて  自らを犠牲に我々を  救ってくれたその神を  これから我らが語り継ぐのだ」 民は迫害されて それでも教えを忘れる事は 決してなく、その祈りは 遠い未来まで語り継がれた 『最期の日』は、まだ……
12.
廃墟中絶快楽 援交中退Low.. 3秒打って快感 一発?単発?No.. チューララりら、ちゅーらら(ry チューララりら、ちゅーらら(ry 妄想空想本能症状溢れ出す 自傷抹殺不安か?in the bet 延長出勤残業本番レートless 漏洩抹消自演か?network 誘惑脳蔓延って 純粋矛盾クラッキングジャンキー 超絶甘美な刺激もっと頂戴! 僅かな夢を抱いて、抱いて・・・・ 誘拐免罪掌握権力幻惑high 3秒吸って絶頂一発触発?Go.... チューララりら、ちゅーらら(ry チューララりら、ちゅーらら(ry 傾眠口渇嘔吐幻聴絶え間なく 依存略奪頼りか?you are sick! 妊娠排卵経血混沌陰性 現金換金魅惑の現生 有罪の声明 純愛なる不安コミニケーション 存在の証明 真理論理便宜論破・・・・GO! そっとパッと消える ゆらりゆらり手のひら返しが素敵ね? 消え失せて・・・・ 私を癒やす言葉は見当たらず 埋まらない傷を晒して 誘惑脳蔓延って 純粋矛盾クラッキングジャンキー 超絶甘美な刺激もっと頂戴! 僅かな夢を抱いて、抱いて・・・・ まだ見ぬ明日を抱いて、抱いて・・・・
13.
Knife called "word". (言葉というナイフ) Everyone has weapon. (誰もが持つ凶器) Be hidden in daily life. (日常生活に隠されている) Everyone can use weapon. (誰もが使える凶器) By using only one word, (たった一つの単語で、) Can hurts people too hard, (人をひどく傷つけることができ、) Torture people for a long time, (長きにわたり人を苦しめ、) Forever leave scars. (永遠に傷跡を残す) A word called "die" (「死ね」という一言) The best weapon. (最高の武器である) Word is light and heavy. (言葉は軽く重い) It can be daily used. (それはいつでも使える) By using only one word, (たった一つの単語で) Go towards Heaven or Hell. (天国か地獄へ向かう) Word is Knife. (言葉はナイフだ) It can be rescue someone. (誰かを救うこともできる) But... (が…) It at times commits murder. (時には人を殺す) "You are useless!" (お前は役立たずだ!) To think about myself. (自身について考える) "Don't need you!" (お前は必要ない!) To think about my life. (人生について考える) "No work left to you!" (お前に任せる仕事はない!) To think about myself. (自身について考える) "Your value below garbage!" (お前はゴミ以下だ!) How much my value? (自分の価値はどのくらいなのだろうか?) "Go away! You are dirty!" (お前は汚い!あっちへ行け!) Send you to death. (死に追いやられる) "Go away! You are virus!" (お前は病原菌だ!あっちへ行け!) Send you to death. (死に追いやられる) "Go away! Get your illness!" (病気が移る!あっちへ行け!) Send you to death. (死に追いやられる) "Feel happy to you die." (お前が死ねば幸せだ) Killed by words. (言葉に殺される) No cure emotional scars. (心の傷は癒せない) Never forget... (決してわすれない...) Word hurted my heart. (言葉で傷つけられたこと) Ever suffer... (ずっと苦しんできた...) Will suffer forever. (これからもずっと苦しむ) You forget. (お前は忘れる) But I never forget. (が、こちらは覚えている) Peaceful life. (平穏な生活) It will end someday. (それはいつか終わりを迎える) So, will end your life. (そう、お前を終わらせる) Life is not that easy. (人生は甘くない) Come at a price for me. (代償は払ってもらう) What goes around, comes around. (自業自得だ) Disappear from life of me! (存在自体消えろ!) Judge! (裁いてやる!) Feel happy to you die. (お前が死ねば幸せだ)
14.
猶予う月は遅れて姿を見せた 願いを込めて歌った後の寂しさ 映す(今夜)既望(私)僕と慰めあおうよ、さぁ 今日の(月も)きっと(きっと)それは綺麗だよ 街の明かりから逃げて隠れて僕らだけの場所 そっと深呼吸自分の呼吸も騒がしく思った なんとなく鬱な夜は誰かといたい 君を誘っていつもの場所で月を きっと(あの子)達も(いるよ)名前も知らないけれど 今日の(月も)きっと(きっと)それは綺麗だよ 街の明かりから逃げて隠れて私達の場所 重なる雲の間で揺蕩う月が顔を見せた 少し欠けた(かけら無くし)朔へ向かう私のように 吐息さえ響く静かな夜に君達がいた 4つの鼓動が奏でる歌よどこまでも響いて 少し欠けた月が照らす光 私たちの影 同じ気持ちで歌える気がするさぁ歌い始めよう 街の明かりから逃げて隠れて私達の場所 そっと深呼吸また歌えるよ 猶予う月の夜に 猶予う月夜
15.
洋灯の明かりもとうに尽きて 暗い部屋の窓辺に腰掛け 星を指折り数えてた 手持無沙汰に髪を弄る その癖が何故か愛しくて 声をかけられずにいた 時だけが過ぎていく そんなふたりの世界 おやすみ ぼくらの、 おやすみ 約束。 おやすみ きみとの、 おやすみ 思い出。 おやすみ 交わした、 おやすみ 口づけ。 おやすみ 伝わる、 おやすみ 温もり。 出かける時は手をつないで 並木道をふたりで歩いた そんな景色も変わるけど きみは階段に腰を下ろし ぼくを見つめて微かに微笑んだ みんな分かってるよと 今日の日の挨拶は 笑顔で別れましょう おやすみ ぼくらの、 おやすみ 約束。 おやすみ きみとの、 おやすみ 思い出。 Lala... おやすみ、さよなら。
16.
かなしいときこそお風呂に入って からだと一緒に涙も流そう 上手にまとめたきれいな言葉を 皮肉に包んでネットに放とう 木箱の周りで押し合いながら 太陽が沈むところを見た さようなら いつも持ち歩いてるよ 偶然拾った子供心を さようなら 夏のジグソーパズルは ピースをあなたに渡しているよ 消えたラブシーン 軽い蕁麻疹 今日のラストシーン 明日撮るらしい 愛のテレパシー 行くタイムマシン 代役の打診 誰も無関心 メルヘンの海に漂いながら 検索サイトのレンズを拭いた さようなら いつも持ち歩いてるよ 偶然拾った子供心を さようなら 夏のジグソーパズルは ピースをあなたに渡しているよ 木箱の周りで押し合いながら 太陽が沈むところを見た かなしいときこそお風呂に入って からだと一緒に涙も流そう 上手にまとめたきれいな言葉を 皮肉に包んでネットに放とう それじゃ また いつも持ち歩いてるよ あなたにもらった子供心を それじゃ また 夏のジグソーパズルは あなたのピースを探しているよ
17.
今日も退屈な一日を 意味もなく過ごしていました 何も起こらない毎日が ただ幸せなんだと知った それだけだ 強くありたいって理想とか 夢を描く気にもなれずに 今日も一人つまらない顔で ただずっと惰眠を貪るだけだ ある日 日常が壊されたとして 僕に見える景色は変わらないのだろう 気づいてたよ愛や希望なんて 僕には初めから存在しなかった 嫌いなんだ 何もかもが愛せなくて 躊躇いもせずに全て捨てました 笑ってくれよジョーカー 空っぽの僕には あまりにも重すぎた このココロってやつは 消えてしまいたいなんて願っても そんな勇気さえもなくて 今日もくだらない人生を 生きようだなんて吐き捨てるように 言って 笑えないや 夢から醒めても どこか忘れられない僕がいるんだ いっそ僕を壊してくれる 誰かが居たのなら 救われたのかな 忘れたいんだ僕は 夢の形さえも 捨てたモノ拾うなんて馬鹿みたいだ 壊してくれよクラッシャー もう飽きてしまったよ 輝く未来とか 笑わせないでくれ 嫌いなんだ 何もかもが愛せなくて 躊躇いもせずに全て捨てました 笑ってくれよジョーカー 空っぽの僕には あまりにも重すぎた このココロってやつは
18.
明日の天気は晴れだ それでも傘を持ってゆく 雑踏、高笑いを抜けて プレゼン 将来像を 語って聞かせてくれよ だれもが価値を見定めてる

 君が大人になってしまう時 握りしめた 視線の先 足跡映すなら
 ミライなんていらない ミライなんていらないんだよ ミライなんていらない そうさ、イマを踏みしめてるから

 時刻は5時20分 ギターを背負って出かけた 街はまだ目覚めやしないさ 誰にも聞こえない声 誰にも見えないメロディ 私だけが口ずさめるの(僕らだけが口ずさめるんだ) きっと明日はやってくるさとか 冗談じゃない 明日も君が 生きている保証がない 
ミライなんていらない ミライなんていらないんだよ ミライなんていらない
 イマはすぐにカコになるから キャンバスに描いた 夢の地図も良いけどさ 君と歌いたいよ

 ミライなんていらない ミライなんていらないんだよ ミライなんていらない 未だ全人類未踏の 世界を歌いたいのさ

about

[Vocalodon VOCAROCK compilations]
vocalodon.net is an instance of Mastodon, mainly focused on VOCALOID.
This compilation album is a project of Vocalodon.
18 people participated.

credits

released June 9, 2020

企画・主催・マスタリング・動画:文月フミト
ジャケットデザイン:鳴無ヨタカ

Planned by fumito_fumizuki
Artwork by Yotaka Otonashi

license

all rights reserved

tags

about

fumito_fumizuki Japan

I'm fumito_fumizuki, VOCALOID-P.

contact / help

Contact fumito_fumizuki

Streaming and
Download help

Redeem code

Report this album or account

If you like DON THE ROCKS 3, you may also like: